1. TOP
  2. ワンマーケット・ワンメッセージ・ワンアウトカムの原則とは?

ワンマーケット・ワンメッセージ・ワンアウトカムの原則とは?

コピーライティング この記事は約 8 分で読めます。
tunnel

コピーライティング(文章執筆)についてとても重要な原則をお話します。

“コピーライティング” と聞けば、本の原稿を書くのかなとか、もしくはインターネットの世界ですとセールスレターを書くのかなとか、どうしてもビジネス的なイメージが湧くと思いますが、そんな事はありません。

仕事でのメールのやり取りやチャットのやり取りなど、セールスとは直接関係のないコミュニケーションの時にも役に立ちます。

今回解説するワンマーケット・ワンメッセージ・ワンアウトカムの原則は、インターネットを利用していて情報を発信している全ての人に有効な原則です。

・趣味ブログ
・ビジネスブログ
・メディアサイト
・キュレーションサイト
・オウンドメディア
・セミナー、説明会
・メールマガジン
・YouTube
・日々のコミュニケーション
・etc…

など、これらは今パッと1,2分で思い浮かんだのを箇条書きにしただけで、活用例のほんの一部です。

とても簡単な話なので、ぜひこの記事を読み終わった瞬間からワンマーケット・ワンメッセージ・ワンアウトカムの原則を日々の生活に取り入れて欲しいと思います。

それでは順番に解説していきます。

ワンマーケット・ワンメッセージ・ワンアウトカムとは?

結論から言うと、全てを1つに絞りましょうという事です。

1)One Market
2)One Message
3)One Outcome

これらを一貫した発信で統一する事により、しっかりと思いやメッセージを伝える事ができるという事です。

順番に解説していきます。

1. ワンマーケット

ワンマーケットとは、市場を一つに絞りましょうという事です。

例えばダイエットや美容関連のメディアサイトを運営しており、
運動面から、効果的なダイエットの特集記事を書いてるとしましょう。

『お腹のたるみが気になりませんか?今回は費用ゼロでOKなお腹のたるみを撃退する運動方法を3つ公開します。

今では経済界でもゼロ金利になってしまい、今までの常識が通用しなくなってきましたよね。住宅ローンについても勉強し直さなければいけないですし、将来も不透明です。やはり少しでもお財布に負担をかけない事が、これからの激動の時代を生き抜くコツです。』

これだとダイエットの話なのか、ゼロ金利(経済)の話なのか分からなくなってしまいます。

別に経済の話が悪いと言っているのではありません。
ちゃんと自分のマーケット(テーマ)を打ちだしましょうという事です。

例えば美容専門のメディアでいきなり経済の話をされたら、多くの読者さんは『えっ!?いきなり経済の話?全然分からないし。』とビックリしてしまいます。

一方で、美容と経済のメディア~肉体面・経済面両方の成功を追求するメディア~がテーマだった場合、美容情報も経済情報も、どちらもすんなりと受け入れてくれます。

バリキャリ女性だったり、意識高い系男子がメイン読者さんとして集まるかもしれませんね。

なので重要なのは、しっかりとテーマ(軸)を決めようという事です。
そして様々なジャンルを取り扱うのであれば、
しっかりとカテゴリ分けをしましょうという事です。

実際にグノシーやスマートニュースなんかは経済情報もあれば面白情報もあり、美容情報もあれば恋愛情報もあります。

あれはキュレーションサイト(全ての情報をまとめる)だから何でもアリなのです。

一方で専門メディアで色々なジャンルの記事を書いてしまっては、全くメッセージは伝わらないでしょう。

ワンマーケットで重要なのは、
ターゲットを1つのジャンルに絞った発信をしようという事です。

2. ワンメッセージ

ワンメッセージは、メッセージとちゃんと一つに絞ろうという事です。

例えば美容メディアを運営していて、
運動に関する特集記事を書くとしましょう。

『二の腕のたるみ、気になりませんか?今回は歩く時にたった一つだけ意識するだけで二の腕のたるみを落とす、次世代式腕振りウォーキングメソッドをご紹介します。

歩く時に○○のポイントだけを意識して腕振りをすれば、20%脂肪燃焼率がupする事が証明されました。あとは私がいつも飲んでる○○サプリも効果ありますよ!それに今なら○○美容外科の二の腕プランが今なら初回限定で50%OFFのキャンペーンもやってますし、この前通販で買った○○の機会も結構効果ありましたよ!』

のようにメッセージを詰め込んでしまうと、見ている方は歩けば良いのか、サプリを買えば良いのか、エステに通えば良いのか、通販で美容器具を買えばよいのか分からなくなってしまいますね。

なのでしっかりとメッセージを一つに絞って発信しようという事です。

例えば、

・お金に余裕が無い人は腕振りウォーキング
・毎月ちょっとだけ投資できる人はサプリ
・お金に余裕がある人はエステ
・家にスペースがある人は美容器具

と、このようにそれぞれを独立させて別記事・別コンテンツにしてしまえば、
しっかりメッセージを伝えきる事ができるし、
読者さんもそれぞれに合ったピッタリの情報を得る事ができます。

これがワンメッセージという事です。

なので記事やコンテンツを公開するまえに、
今一度、しっかりと伝えたいメッセージを確認するクセをつけましょう。

3. ワンアウトカム

これは特にビジネスで売り上げをあげる時にとても重要な話です。
出口は一つにしましょうという事です。

ランディングページでよくあるミスを事例としてお話しましょう。

ランディングページとは、
商品を販売したり、無料会員登録を促す、
いわゆる成約を目的としたページの事です。

例えばインターネットで広告費を使い、
ランディングページにアクセスを流し、
5,980円の化粧品を販売するとしましょう。

文章も一流のコピーライターに依頼してページを作成し、
出来も120点です。

文章からも魅力は十分に伝わり、
気持ちはワクワクでほぼ購入は決意しているのも同然です。

しかし、
ランディングページ(セールスページ)の最後の部分に、

・決済ボタン
・Facebookのシェアボタン
・Twitterのリツイートボタン
・商品ができるまでのこだわり
・役員紹介
・推薦している芸能人○○のブログ

など、関係ない選択肢(外部リンク)が沢山あるとします。

これだけ選択肢が多いと、
せっかくほぼ購入を決意していた訪問者さんの意識が色々散ってしまいます。

もしかしたらFacebookでシェアして、友達の投稿が気になって2度とこのランディングページには戻ってこないかもしれません。

推薦している芸能人のブログに飛んでしまい、そのままその芸能人のブログをずっと見てしまうかもしれません。

せっかく広告費をかけて来てもらった訪問者さんを、取り逃がしてしまう事に繋がります。

なので重要なのは、出口は一つに絞るという事です。

推奨している芸能人の声や、商品ができるまでのこだわり等は、全てページ内に組み込んでしまえば良いのです。

できる限り出口は一つに絞る。これが重要です。
商品を販売する場合は、決済リンクが出口になります。

もちろん、
特商法などの法律に関連してくる情報は必ず設置する必要があります。

ワンアウトカム。
それは出口は一つに絞ろうという事です。

ワンオファー・ワンアウトカム

『ワンオファー・ワンアウトカム』

これは僕がいつも意識しているフレーズです。

ワンマーケット・ワンメッセージ・ワンアウトカムって、
なんか長いし、語呂が悪いし、イマイチ頭に入りにくいんですよね。

なので僕はいつもワンオファー・ワンアウトカムとして認識しています。
これは結構シンプルで良いですよ。

ブログ記事を書く場合でも、
伝えたいメッセージと出口を一つにする。

メルマガを発行する場合でも、
伝えたいメッセージと出口を一つにする。

FacebookやTwitterでも同じです。

オファーと言ったら有料商品を販売したり、
何かをセールスしたりするようなイメージを持たれるかもしれませんが、
そんな事はありません。

もちろん商品提案や購入は立派なオファーですが、
無料メルマガ登録や無料会員登録もオファーですし、
FacebookやTwitterをフォローしてもらう事や、
シェアやリツイートして拡散してもらう事も立派なオファーです。

シェアやリツイートが起こらなくても、
しっかりと記事にメッセージを込め、
それを理解してもらう。

これも立派なオファーであり、出口であると僕は考えます。

ブログであれば、関連記事を読んでもらう事も立派なオファーになります。

なので重要なのは、しっかりと伝えたいメッセージを定め、どのような行動を取って欲しいのか?これらを常に意識するという事です。

まとめ

今回はワンマーケット・ワンメッセージ・ワンアウトカムの原則という事で、日々の発信で重要な3つのお話をしてきました。

1)One Market
2)One Message
3)One Outcome

そしてこの3つは語呂的に覚えにくいので、

『ワンオファー・ワンアウトカム』

これを僕はいつも意識しているという事です。
メッセージとオファーを毎回一つに絞りましょうという事です。

ではこの一体、この記事は何を意識して書かれたのでしょうか?
僕がこの記事に込める意図を解説します。

・ワンマーケット
 ⇒コピーライティングについて。

・ワンメッセージ
 ⇒日々の発信から、今回の3つのONEを意識する事が重要だよ。

・ワンアウトカム
 ⇒インターネットを活用してビジネスをやるには、
  コピーライティングのスキルが必須なのでぜひ身につけよう。

という事で、下記の記事一覧ページを見てもらう事が、今回の僕からのオファーです↓

⇒ コピーライティングテクニック一覧。

ぜひ、日々の発信に活かして見て下さい。

\ SNSでシェアしよう! /

次世代ビジネス研究所の注目記事を受け取ろう

tunnel

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

次世代ビジネス研究所の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

運営者紹介 運営者一覧

次世代ビジネス研究所

次世代ビジネス研究所

大学卒業後、某企業へ就職。
その後サラリーマン生活を経て、脱サラ・起業。
気まぐれで独り言を不定期更新。

関連記事

  • memo

    CRCフォーミュラとは?最も基礎的な文章構成テンプレート

  • copy-writing

    QUESTフォーミュラとは?鉄板セールスコピーライティングテンプレート

  • not read

    3つのNOTとは?(読まない・信じない・行動しない)コピーライティングで壁となる3つの要素

  • camp

    起承転結がブログ記事に向かない理由とおすすめ記事投稿方法