1. TOP
  2. 起業セミナーに参加する時の7つの注意点と、セミナー講師が仕掛けてくる10個のセールステクニック

起業セミナーに参加する時の7つの注意点と、セミナー講師が仕掛けてくる10個のセールステクニック

起業 この記事は約 16 分で読めます。
seminar

もし起業に興味があったり、起業を目標にしているのであれば、起業セミナーに参加して自分を成長させることを強くオススメします。

なぜなら、人は学ぶことでしか成長することはできません。

そして成長なくして、今の現状を変えることもできません。

僕自身も激務なサラリーマン時代に副業を始め、そして起業した今でも学びを継続しています。

毎日が勉強の連続です。

そしてビジネスで結果を残している成功者達に共通することは、勉強には時間もお金も惜しまないということです。

とは言いつつも、やはり起業セミナーには中身が伴っていないセミナーが多いのも確かです。

誰でも会場を借りさえすれば、

『起業セミナーを開催しますっ!!』

と言ってセミナーを開催することができるからです。
世の中には実力が伴わない自称コンサルタントが多いのも事実です。

まず、変な起業セミナーに騙されないために
セミナー講師が自分の商品を販売するために
参加者に仕掛ける10個のセールステクニックと、

正しい起業セミナーを見分けるための
7つのポイントを解説します。

ぜひセミナーを有効活用し、
さらなるレベルアップを目指しましょう。

※くれぐれもテクニックの悪用は厳禁です。

1.セミナー講師が仕掛けてくる10個のセールステクニック

当然の事ながら、セミナーはビジネスです。

ボランティアでセミナーを開催する人は
ほとんどいません。

都内で綺麗さと交通の便に気を配れば
小さめの会場でも半日で数十万円します。
数百人を呼べる会場であれば、
それこそ百万円を越える場合もあります。

なので有料・無料問わず、

『仕掛ける側の視点を知る。』

これを考える事が、自己防衛のための第一歩です。

セミナー販売自体からの売り上げが
目的かもしれませんし、

最終的に自社商品・自社サービスの
販売が目的かもしれません。
(=バックエンドセールス)

なのでまずはヤリ手のセミナー講師達が
多様するテクニックを見破る事が
本当の価値を見抜くための第一歩になります。

セミナーセールスには
ただの壺を数十万で売る事もできるし
数百万円のサービスをバンバン売るほどの
販売力があるからです。

ジャパネット高田だって、
オンライン形式のセミナーセールスのようなものです。

毎回スゴイ売り上げをあげていますよね。

という事で、まずはセミナーセールスで
バシバシ売り上げを上げるための
10個のテクニックを解説します。

仕掛ける側の視点を知ることが
自己防衛の第一歩です。

1-1. ラポールを形成する

何よりもセミナー講師が重要視すること。

それは、ラポールの形成です。

ラポールとは心理学用語で、
場の空気感だったり、
信頼関係の事を意味します。

『セミナーセールスは、ラポールに始まりラポールに終わります。』

会場の場を暖めることが、
セミナーセールスの成功のカギなのです。

以下で紹介する数々のテクニックを駆使し、
セミナー講師はラポール形成に努めます。

(※くれぐれもテクニックの悪用は厳禁です。)

1-2. 手を上げさせる

よく、このような講師がいます。

『セミナー中に何か質問する事もあると思いますが、その時はしっかりと手を上げて頂ければと思います。』

僕なんか黙って聞きたいタイプなので、
あまり手は上げたくないんですけどね。

手を上げさせるのは
場の空気を暖めるためにとても有効です。

まずは参加者へ参加を促すことが
ラポール形成の第一歩です。

1-3. 参加者同士を自己紹介させる

セミナー参加者は、
猜疑心満載でセミナー会場に向かいます。
(猜疑心=疑う気持ち。)

なのでセミナー開始早々に参加者同士で
自己紹介させる事により、
一気に打ち解けて、疑いの気持ちを冷めさることができます。

これもセミナー講師側からすれば
ラポール形成にとても有効な手段です。

僕自身は目的をバシッと決めて
セミナーに参加するタイプで、
慣れ合いを求めていません。

なので自己紹介を強要されても、

『そんなの各々でやれば良いだろ!』

と、思ってしまうタイプです。

1-4. 拍手を強要する

拍手って、自分が感動した時などに
心から自然と出るものだと思うんですよね。

セミナーによっては
事あるごとに拍手を強要(!?)
される場合があります。

例えば、自己紹介が終わったあと。
何らかのワークが終わったあと。
誰かの発表が終わったあとに、

『それでは拍手で終わりましょー!』
『パチパチパチ』

のようなお決まりのフレーズです。

拍手は場の空気を盛り上げるのに
かなりの効果を発揮します。

1-5. うなずきを強調させる

僕が過去に参加したセミナーで、
こんな講師の方がいました。

『セミナー中に反応がないと自分の話が伝わってるのか分からなくなるので、ぜひうなずいたり、首を振ったり等のリアクションを下さい。』

『気分が乗ってきたら、思わずポロっとマル秘話をこぼしてしまうかもしれません。』と。

『そんなの知らんがな!!』

『こっちはお金と時間を払って来てるんだから、全部出し切れよ!!(笑)』

と、僕は思いましたよ。

セミナー講師の役割は
その日のテーマに沿った価値を
参加者に提供することです。

参加者から反応を引き出す事でもないし、
自分の自己満足心を満足させることでもありません。

なのでうなずきを強調してくる講師は
その時点でかなり胡散臭いと判断して良いでしょう。

1-6. 権威性をゴリ押ししてくる

権威性は、人を説得するにあたって
とても重要な要素です。

セミナーにおいての権威性は、
経歴や実績と言えるでしょう。

例えば広告業界でとても有名な話として、

『お医者さんのように白衣と聴診器を身にまとって医学の話をすれば、それが例え誰もが知る有名な俳優さんだろうと、その話を信じてしまう。』

ということです。

人は、東京大学の教授!というだけで、
無条件でその人の話を信じてしまうし、

会社を10社経営してます!というだけで、
その人の話を信じてしまうのです。
(実際には株式会社は約25万円あればいくらでもつくれますし、いくつも会社を経営している人は大体火の車の場合がほとんどですが。)

もちろん、経歴や実績は
その人を判断するためのとても重要な要素です。

しかし、経歴・実績は判断材料の一部にしか過ぎず、
しっかりとその人を全体から見て判断することが重要です。

1-7. ワークを多用する

中にはワークを多用してくる講師もいます。

お隣さん同士で
意見を言い合って下さい等です。

実際にワークをやると
一気に会場の空気感も上がりますし、
ワークから得られるモノも多いです。

『さて、3分たったのでワークは終了です。お互いに拍手で終わりましょう。パチパチパチ。』

これも先ほどと同様、お決まりのパターンです。

僕の経験上、
本当にためになるセミナーは聞き入ってしまうので、
わざわざ参加者がワークをする必要はありません。

1-8. 音楽を駆使する

昔から、音楽とマインドコントロールには
密接な関係があると言われております。

トップセミナー講師レベルになりますと、
会場設営時点から音楽を導入してきます。

あまりに音楽の使い方が上手い場合は、
あまり動揺せずしっかりと冷静な自分を保ちましょう。
会場の雰囲気に騙されてはいけません。

ついつい高額商品を決済したい衝動に駆られてしまう事もあります。

1-9. 光をコントロール

巷ではここ数日、
『ポケモンGO』の話題で持ち切りですが、

1997年にはポケモンショックという
事件が起きて、大きな社会現象になりました。

ポケモンショックとは何かというと、
アニメのポケットモンスター内で
フラッシュ映像が多用されており、
体調不良者が続出したという事件です。

よくニュース番組等で、

『※カメラのフラッシュにご注意ください。』

なんて注意書きが出ると思いますが、
あれはポケモンショックからの流れです。

光には、それほどまでに
人間の脳に対する影響力を持ちます。

なのでセミナーで光を使いこなすなんて
その道のプロだけだと思いますが、
必ず何らかの意図があると確信しても良いと思います。

1-10. サクラの存在

サクラはサクラでも、
桜ではなく偽客(おとり)のサクラです。

サクラって結構歴史が長くて数百年前から存在します。

ここからはうる覚えなので
正確性は保証できないですが、

確か起源はヨーロッパで
オーケストラとかミュージカルがサクラの
発祥だったと思います。

当時はちゃんと日当の支払いもあり、
正式な職業だったそうです。

日本では江戸時代に歌舞伎を
タダで見るかわりに、

掛け声をかけたり場を盛り上げる事が
サクラの起源であると言われております。

その後、露天商が客にサクラを紛れ込まして
商品価格を吊り上げて高値で売り抜ける
なんて事もあったそうです。

これはセミナービジネスにも当てはまり、
例えば、

『定価50万円の商品を、今日セミナーに参加してくれている人限定でなんと30万円で提供します!!』

『ワ~!!』
『ドドドッ!!』

となって実際に申し込み者が
列をなすことって本当にあるんですよね。

もちろん、
熱心なファンの方もいるでしょうし、
本当に価値の高いサービスかもしれません。

ただ、もしかしたらサクラも紛れているかもしれません。

なのでセミナーセールスを受けた後は、
しっかりと自分の心と対話して、
冷静に判断を下しましょう。

これがセミナー講師が駆使するテクニックの数々です

プロのセミナー講師は、
上記のテクニックを巧みに操ってきます。

もしかしたら、

  • プレゼンにも使えそうだなぁ。
  • 営業にも使えそうだ。
  • 自分もセミナー販売をビジネスに組み組もう。

なんて思われるかもしれませんが、

このような小手先のテクニックを使っても
すぐに見破られるし、

最悪信頼を失いかねない行為なので、
テクニックに頼るのはやめましょう。

このようなテクニックを使わなくても
しっかりと相手を思いやる気持ちがあれば、
最高のセミナーを提供できるハズです。

2. 起業セミナーに参加したら将来のビジネスパートナーとの出会いもあるかも?

これまでセミナー商法の
テクニックをご紹介してきましたが、
それでも僕はセミナーで学ぶことをおすすめします。

なぜなら、今までセミナーを通じて
多くの事を学んだからこそ今の僕があるし、

ビジネスで結果を出している人の多くは
勉強熱心だからです。

セミナー会場での出会いが
後々のビジネスパートナーに発展するケースもあります。

セミナー講師が自己紹介を強要しなくても、
勝手に参加者同士で繋がる人は繋がるのです。

なのでセミナー参加時には
出会いも大切にしとうと考えたら
もしかしたら生涯のパートナーが見つかるかもしれません。

3. 起業セミナー選びに失敗しないための7つのポイント

以上の内容を踏まえ、

これから新たな学びのために
セミナーに参加する時に注意すべき
7つの注意点を僕の実際の経験からシェアします。

以下のポイントを意識すれば、
きっと学習効果を最大化できると思います。

チェックポイント1:起業家から学ぶべき

これ当たり前過ぎるのですが、
結構見落としてしまうんですよね。

よく、

『社長は孤独だ。』

なんて言いますが、
残念ながらその通りで、
社長の気持ちは社長にしか分かりません。

なぜなら、
人は自分の経験以上の事を
人に伝えることができないからです。

もちろん、

本で得た知識を話したり、
ネットサーフィンで得た知識を話すこともできます。

しかし、それはあくまで机上の空論です。
妄想世界での話でしかないのです。

いくらイチロー選手のバッティング動画を
YouTubeで何十時間も見ても、
プロで4000本もヒットを打てるようにはなりません。

マイク・タイソンの現役時代の
まるで宇宙人のような以上過ぎるボクシング動画を何十時間見たとしても、
誰もマイクタイソンのように強くなれないのです。

なのでもし今後起業するのが目標なのであれば、
ゼロから自分自身で起業し、
成功した人から学ぶべきです。

チェックポイント2:何を目標に学ぶのか?目的をハッキリさせよう

よく、税理士さんが主催する起業セミナーや
商工会議所が主催する起業セミナーがあります。

彼らの目的は、
税理士さんであれば顧問契約を結ぶことですし、
商工会議所であれば
メンバーになってもらう事です。

なのでこのような場合、
起業を学ぶことはできません。

先ほども言った通り、
起業については起業経験者にしか分からない
様々な問題やコツがあるからです。

もちろん、

『起業したいけど、税金の知識が無いなぁ。』

と思ったら、税理士さんや会計士さんから
学ぶべきです。

彼らは、税務会計のプロフェッショナルだからです。

人脈を作りたいのであれば、
商工会議所のセミナーに参加すべきです。
そこには地域でビジネスをしている
仲間が多くいるからです。

なので税金の知識を得たいのであれば
税のプロから学ぶべきだし、

人脈を築きたいのであれば
人が多く集まる場所に行けば良いのです。

起業で成功したいのであれば、
起業で成功している人から学ぶしか方法はありません。

もしろん、何社もの起業を成功に導いた
実績のある税理士さんであれば、
そこから起業を学ぶ事もできます。

重要なのは、
セミナー参加前にしっかりと
自分の目的をハッキリさせることです。

チェックポイント3:自分が理想としている人生(ライフスタイル)を実現している人から学ぶ

これもとても重要なポイントです。

サッカー選手になるのが夢なのに、
卓球のコーチから卓球を学んでも
いつまで経ってもサッカー選手になることはできません。

料理人にないたいのに、
自動車整備の専門学校の校長から
車の整備について学んでも、
いつまで経っても料理人になる事はできません。

サッカー選手になりたければ
サッカーのコーチから学ばなければならないし、

料理人になりたいのであれば、
料理の専門学校に行くか
レストランで修行を積まなければならないのです。

これは、ビジネスでも同じです。

朝から晩まで休みなく働く仕事人間から
ビジネスを学べば、
いつまでたっても忙しい人生から抜け出せません。

なぜなら、ビジネスを仕組み化して
自由な時間を作る方法を知らないからです。

だからこそ、
独立・起業したあとも、
自分が先陣を切って厨房で調理したり、
とにかく自分が働かなきゃビジネスが成り立たないのです。

もし、起業して時間やお金から自由に
なりたいなという願望があるのであれば、

実際に自由な起業を成功させている人から学ぶ必要があります。

要は自由が良いとか悪いとかではなく、
自分のライフスタイルをしっかりと定めて
それを実現している人から学ぶ必要があるということです。

もし起業して金銭面でも時間からも
自由な人生を過ごしたい場合は、
自由を実現している人から学ぶ必要があります。

チェックポイント4:オンラインで学べる

今ではインターネット環境が整備され、
スマホがあればいつでもどこでも
学ぶことができるようになりました。

そして参加者の事を考えてくれる
良心的なセミナー講師の場合は、

学習効果を第一に考え、
セミナー自体を録画して
後日参加者には動画として配信してくれます。

データでセミナー映像をもらえれば、
いつでもどこでも何回でも復習することができますからね。

なので学習効果を最大化するためにも、
オンラインで学べる学習環境を用意してくれる
セミナー講師の方はかなり信頼度が高いでしょう。

チェックポイント5:学習タイプをしっかりと理解している人

人には、大きく分けて
3つの学習タイプがあると言われております。

①視覚優位タイプ
②聴覚優位タイプ
③言語優位タイプ

名の通り、

視覚優位タイプは
目から立体的に物事を理解するのが得意です。

聴覚タイプは、
話を聞いたらスッと頭に入る人です。

言語タイプは、
文字をイメージに変換するのが得意です。

もっと細かく言えば、

例えば腰を据えてじっくり学びたい人には
映像で学ぶのが一番情報量が多いですよね。

車通勤や車移動が多いひとは、
音声学習が一番効率が良いです。

電車通勤や電車移動が多いひとは、
手元のスマホなどでいつでも
文字から学べる環境を作ることが重要です。

このように、
人にはそれぞれに特性があるし、
それぞれのライフスタイルも千差万別です。

なので映像や音声、文章(書き起こし)等、
様々な方法で勉強できる環境を提供してくれる
セミナー講師が理想です。

チェックポイント6: ゆとりあるセミナー会場=主催者の力量

セミナー会場のレンタルはとても高額です。

先ほども言った通り、
都内で交通の便を考えたら数十万、
規模を大きくすると100万円を越えてきます。

これはあるセミナー講師が言っていた言葉なのですが、

そのセミナー講師は大体想定人数の
倍ぐらいの人が入る会場を抑えるようです。

なぜなら、参加者に快適な環境で
学んでほしいからであるとの事です。

セミナー会場はとても大きなコストです。
しかし、それ以上に参加者の事を考えているということです。

資金がカツカツの場合は、
どうしてもコストカットが必要ですし
クライアントに満足行くサービスを提供することができません。

資金に余裕があれば、
セミナー会場も広く取ることができるし、
当然、質の良いサービスを提供してくれるでしょう。

なのでセミナー会場に気を配るのも
良いセミナーを発掘するためのコツです。

チェックポイント7:経歴を実績を重視する

もしかしたら

『えっ?冒頭で経歴・実績等の権威性に騙されるなと言ったじゃないですか?』

と思われるかもしれません。

もちろん、それはとても重要で、
僕自身も常にフラットな視点で
物事と捉えるように努力はしています。

しかし、最終的な判断材料は、
やはり過去の実績になってしまうのです。

就職や転職の面接でもそうですが、
結局面接の場では、
なんとでも言う事ができます。

だからこそ、
多くの起業家は人材面で苦労していうるのです。

  • 今までどんな実績を出してきたか?
  • その結果、これからどのような価値をもたらしてくれるのか?

やはりこのポイントが
とても重要になってきます。

まとめ

以上、セミナー講師が仕掛けてくる
10個のセールステクニックと、

起業セミナーに参加する前にチェックすべき
7つのポイントについて解説してきました。

中には小手先のテクニックだけ身につけて
しゃべりだけは一流で中身が
スッカラカンの人もいるので、
そんな人には注意が必要です。

特に経営コンサルタントなんて
資格もないし、誰でも名乗ることができます。

株式会社なんて約25万円あれば
誰でも作ることができるので、
社長であろうと別にスゴイことでも何でもありません。

もし、起業に興味があったり、
起業セミナーに参加したいなと考えている場合は、

上記の10個のテクニックと
7つのポイントを復習し、
貴重な時間とお金をムダにしないように努めましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

次世代ビジネス研究所の注目記事を受け取ろう

seminar

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

次世代ビジネス研究所の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

運営者紹介 運営者一覧

次世代ビジネス研究所

次世代ビジネス研究所

大学卒業後、某企業へ就職。
その後サラリーマン生活を経て、脱サラ・起業。
気まぐれで独り言を不定期更新。

関連記事

  • ld

    自宅開業を考える主婦・女性が資格を取る前にやるべき起業準備方法

  • funding

    資金ゼロから起業するには何が必要か?お金のいらない起業術

  • risk-management

    リスクゼロで起業を成功させるための12個のチェックリスト

  • bm

    起業家が絶対に借金をしてはいけない17の理由

  • rt

    フリーランスとは?仕事で困らないための3つのスキル

  • book

    起業家・フリーランスが読むべき本おすすめ50冊