1. TOP
  2. WordPress のサイドバーに画像を挿入するプラグイン Image Widget の使い方

WordPress のサイドバーに画像を挿入するプラグイン Image Widget の使い方

WordPress この記事は約 5 分で読めます。
profile

Image Widgetとは、WordPressのサイドバーに画像を挿入する事ができるようになるプラグインです。

特にサイドバーの右上はとても重要なポジションで、一番クリック率が高い場所でもあります。右上の広告欄と言えばYahoo!のトップページですが、あの場所へ広告出稿するには1000万円を越える費用がかかる場合があります。それだけ効果が見込めるという事です。

ですのでブログやウェブサイトから収益を上げるためにはサイドバーの一番上はとても重要な部分であり、メールマガジンへの登録や、メディアサイトを運営している場合は販売サイトへの誘導。そしてブランディング目的でのブログや趣味ブログの場合でも、画像付きでプロフィールを掲載する事により、一層のファン化を見込む事ができます。

そしてこれらを実現してくれるのが今回解説するプラグインの『Image Wedget』です。しっかりと目的を定め、サイドバーを有効活用しましょう。

Image Widget で実現できる事

0-10
Image Widgetを利用する事により、サイドバーに画像と文章を挿入する事が可能です。

タイトルを付け、画像を設定し、文章を挿入する事が可能です。収益目的でブログやウェブサイトを運営するのであれば、一番重要な場所であるとも言えるでしょう。

ぜひ活用方法をマスターしましょう。

Image Widget 3つの活用方法

まずはImage Widgetを活用して収益を上げるために重要な、3つのポイントを解説します。

1)広告

Yahoo!トップページの右上広告や、Google AdSense利用者の多くはサイドバー右上に広告を貼り付けています。なぜならば、サイドバー右上が一番効果的であるからです。

ですのでたとえ広告で収益を上げない場合でも、例えばメディアサイトを運営している場合であれば、自社サイトにアクセスを流す事もできるし、販売専用サイトにアクセスを流す事もできます。

PV数が月間で数十万~百万PVを越えるぐらいであれば、AdSenseのようなクリック課金型広告ではなく、広告枠として販売する事もできます。

2)メールマガジン

メールマガジンを発行する場合も、バナー画像を設置してアドレスを取得する役割を持つLP(ランディングページ)へアクセスを誘導する必要があります。もちろん記事本文中から誘導する事も可能ですが、つねに目に入る場所へバナーを配置する事も重要です。

3)プロフィール

趣味ブログやブランディング目的でブログ等を運営している場合でも、プロフィール画像の設置や自己紹介ページへ誘導する事でよりファン化を促進させる事も可能です。

キレイな画像を使えると尚良しですね。それではImage Widgetのインストールと設定方法へ進みましょう。

1. Image Widget のインストール方法

まずはImage Widget をWordPressにインストールしましょう。

1-10
WordPress管理画面から『プラグイン』⇒『新規追加』、
右上のプラグイン検索に『Image Widget』を入力し、『今すぐインストール』をクリック。

2-10
『プラグインを有効化』をクリック。

3-10
インストール完了です。

2. Image Widget の設定方法

それでは設定に進みます。まずはサイドバーに設置して、それから中身を設定する。この順番で作業を進めます。

2-1. サイドバーに設置しよう

4-10

WordPress管理画面メニューバーから、『外観』⇒『ウィジェット』を選択。
『利用できるウィジェット』に『画像ウィジェット』の項目がありますので、サイドバーウィジェットのお好きな位置にドラッグ&ドロップします。

2-2. 画像設定

5-10
まずは『画像ウィジェット』の『▲』マークをクリックし、『画像を選択』をクリック。

6-10
7-10
ウィジェット(サイドバー)に設定したい画像を選択し、『ウィジェットに挿入』をクリック。

8-10
画像設定の完了です。

2-3. タイトル・本文設定

次にタイトルと本文を入力しましょう。

9-10
・タイトルに文字入力で、ウィジェットのタイトルを指定できます。
・キャプションに文字入力で、文章を挿入する事もできます。htmlで記述すればリンクを貼り付ける事も可能です。

【タイトル・本文の入力例】

10-10
このような表示になります。リンクを挿入したい場合は、

11-10

上記のコードをキャプションに入力すれば、リンクを埋め込む事が可能です。赤字のURL部分に飛ばしたい先のURLを、赤字の任意のテキスト部分に文字を入力する事で、表示されているテキストをクリックするとリンク先に飛ぶような設定が出来ます。

2-4. 画像詳細設定

12-10

・リンク:ここへURLを入力すると、画像をクリックした時に入力したURL先に飛ぶ事ができます。

・同一ウィンドウで開く:SEO上、同じサイト内のリンクに飛ばす場合は同一ウィンドウを、他サイトに飛ばす場合は新規ウィンドウを開くを選択します。

・サイズ:画像の表示サイズを選択する事ができます。

・配置:画像を配置する場所を右・左・中央と選択できます。

全て設定が変更したら『保存』をクリック。

2-5. 目視で確認しよう

13-10
設定が完了したら、実際に自分のサイトを訪れ確認してみましょう。

15-10
このようにプロフィールとして利用する事も可能です。

まとめ

ウェブサイトから収益を上げる場合、PC表示でも、スマホ表示(レスポンシブデザイン)でも、サイドバーの役割はとても大きいです。

今回は主に広告、メールマガジン、プロフィールと3つの活用方法をご紹介しましたが、もちろんこれだけでなく、活用方法は無限大です。

ぜひ色々とテストし、検証を重ねながら最適な活用方法を見つけてみて下さい。

【関連記事】
・WordPressおすすめプラグイン16選

\ SNSでシェアしよう! /

次世代ビジネス研究所の注目記事を受け取ろう

profile

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

次世代ビジネス研究所の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

運営者紹介 運営者一覧

次世代ビジネス研究所

次世代ビジネス研究所

大学卒業後、某企業へ就職。
その後サラリーマン生活を経て、脱サラ・起業。
気まぐれで独り言を不定期更新。

関連記事

  • book

    WordPress 目次の作り方-自動作成プラグイン Table of Contents Plus の設定方法

  • wordpress

    WordPress をサーバーにインストールする方法

  • seo

    All in One SEO Pack の使い方と初期設定方法

  • loading

    BJ Lazy Load の使い方と初期設定方法-WordPress表示高速化プラグイン

  • social

    WP Social Bookmarking Light の使い方と設定・位置変更とデザインカスタマイズ方法

  • pc

    EWWW Image Optimizer の使い方と設定方法 – WordPress画像圧縮プラグイン