1. TOP
  2. ブログ記事の目安となる文字数とは?SEOを前提に考えてみよう。

ブログ記事の目安となる文字数とは?SEOを前提に考えてみよう。

ブログ この記事は約 7 分で読めます。
sofa-laptop

『SEOで上位表示させるには、最低1500文字以上書こう!』
『いや、2000文字は必要だぜ!』

ブログ記事を検索エンジンで上位表示させるために(SEO)、日々熱い議論!?が交わされています。

結論から言えば、答えなんてないのですが、僕的に色々と実践を通じて感じる事やコツもあるので、SEOでブログ記事を上位表示させるための理想の文字数について述べてみたいと思います。

【大前提】ボーダーラインなんて無い。最低ラインの文字数という概念を捨てよう

まず結論から言うと、SEOで上位表示させるための基準となる文字数なんてありません。

なぜならば、Googleの目的は世界中に溢れる無限に近いくらい膨大な情報の中から、正しい情報を検索結果を表示させる事であり、情報発信者の目的は、訪問者もしくは読者さんの期待を上回る価値・情報を発信する事だからです。

検索エンジンを活用した情報発信で重要なのは、かさ増しされた文字量では無く、いかに読者さん、訪問者さんのお悩みを解決できるか?価値を提供できるかです。

なのでわざわざ時間と気合いを注入して3000文字のいわゆる長文と言われるブログ記事を書かなくても、30文字で伝える事ができれば時間お互いの時間短縮になるので、そちらの方が良いですよね。

実際問題、ブログで30文字はさすがに言い過ぎかもしれませんが、検索エンジンで調べ物をしていると、写真2枚程度と400文字ぐらいしかないのに、しっかりと上位表示している記事もいくつもあります。写真2枚と400文字程度でしっかりと問題解決ができていれば、それは立派な “価値提供” になるのです。

なのでとにかく、『問題解決する。価値提供する。』このマインドセットを持つ事が、ブログの文字数なんかよりも一番重要な事です。

パンダアップデートの存在

Googleは定期的に “パンダアップデート” というコンテンツチェックのアップデートを行っています。

ここではパンダアップデートについて詳しくはお話しませんが、一言でいうと、『低品質コンテンツを検索上位から排除するためのアルゴリズム。』という事です。

せっかく調べモノをしてるのに、全く的外れな情報が上位に表示されたら『Googleなんて全然使えないじゃん。他使おう。』となり、Googleから離れてしまいます。Googleは基本的には広告収入で生計を立てるビジネスモデルなので、一人でも多くの人にGoogleを使ってもらわなければ商売あがったりなのです。

じゃあ低品質コンテンツの基準って何?って話ですが、
・コピーコンテンツ
・オリジナリティさが無い
・内容量が少ない

などがあげられます。

『さっき文字数は関係無いって言ってたじゃないですか!』

と思われるかもしれませんが、まさにおっしゃる通りです。ただ、先ほどのように400文字程度でも上位表示される事を考えると、文字数が全てではないという事です。

文字数はあくまで判断基準の一つに過ぎず、重要なのは検索者、訪問者に価値を提供しているのか?問題を解決しているのか?という事です。

文字数は多い方がSEOで有利になる?

これから話す事がこの記事で一番伝えたいメッセージなのですが、

『ブログ記事の文字数は、多ければ多いほど有利です。』

結局どっちだよ!って話ですが、やはり文字数が多い方が有利になる事は確かです。

僕の運営するサイトの一つに、1記事平均1500文字ぐらいのいわゆる一般的なブログ形式のサイトで、80記事ぐらい入れて放置しているサイトがあるのですが、その記事の一つに6000文字ぐらいの情報と文字数を詰め込んだ記事があるのですが、月間検索数約20,000前後の単体キーワードでGoogle検索2位表示ができています。

これってやはり、文字数なんですよね。

その他にもやっぱり上位表示できてる記事って、1500文字ぐらいで終わりそうだけど書いてるうちに情報が増えて行って、『結果的に3000文字になっちゃった。』など、やはり文字数が多ければ多いほど、上位表示される “確率” が上がるなと思う次第です。

とは言いつつも、意味の無い文章をムダに足しても読者は速効で離脱してしまうので、逆に離脱率が上がりSEO的にはマイナス要因となってしまいます。なので軸をブラさず情報量を増やす。これが重要かと思います。意味のない文章を付け足すぐらいなら、短くしっかりとまとめる方が良いです。離脱率とSEOの関係については、以下の記事でまとめています。

・Googleから学ぶSEOに必要な7つの要素と3つの重要項目

文章力は書くことでした身に付かないので、長い文章を書けるようになるには日々の小さな積み重ねが重要です。

最低目標を1200文字にしよう

僕は一応、1記事あたりの最低文字数を『1200文字』に設定し、自らルール化しています。

記事のテーマがシンプルな場合、900文字程度で書ききってしまう場合もあるので、もう一踏ん張りという事でこの1200文字というのは結構妥当な数字かと思います。

実際問題、記事外注サービスなんかを見てみますと、大体が1文字辺り○○円といった形で、文字単価に合わせてライターさんのグレードが変動したりしますが、最低1記事辺り最低1000文字から。その後は1500文字、2000文字とプラン設計されている場合が多く、やはりSEOを考えるのであれば最低1000文字が基準になるのかなと。そして2000文字越えれば文字量的には合格点と言えるのかなと考えます。

特にブログ初心者の場合は、1200文字を目標にすると程よい負荷(ちょっと重目の負荷)になると思います。なのでまずは毎記事1200文字を目安にする事をオススメします。

長い文章を書ければ書けるほど、稼ぎの伸びしろは大きくなる

これは頭の片隅に入れておくだけで良いですが、長い文章を書ければ書けるほど、稼ぎの伸びしろは大きくなると思って頂いて結構です。

なぜならば、短い文章しか書けない人は長い文章は書けないが、長い文章を書ける人は、短い文章に情報を圧縮してまとめる事ができるからです。

特にいわゆるセールスに特化した “セールスコピーライター” 達は、一つのセールスコピーで2万文字、3万文字書く事なんて当たり前です。

トップコピーライターになると、1つの商品や1つのプロモーションで “億” の収入を生み出す事が当然の話になってきます。

今はキュレーションサイトも乱立しており、一番の悩みが『ライター不足』です。記事外注サービスで上級ライターにお願いするとメチャクチャ単価高いですしね。しかも売れるセールスコピーを書けるライターなんて皆無に等しいので、どの企業も売れるセールスコピーが書ける人は、ノドから手が出る程欲しいハズです。

なので『”億” を生み出すコピーライターは一つのセールスレターで3万文字を書ききる!』という事を頭に入れておけば、日々の1200文字のブログ記事でつまづきそうな時も、もうひと踏ん張りできるようになると思います。

SEOは価値を伝える事が一番大事

検索エンジンで上位表示させるために重要なブログ記事の文字数についてまとめますと、
・1200文字を最低目標に設定しよう。
・文字数が多ければ多いほどSEOでは有利になる

(※ただし質が高い事を前提とする。)

上記2点を意識していれば、間違いはないのかなと思います。

ただ、よほど文章力に自信がない限りは、普通のブログ記事で1万を越える文字数を書いてしまうとほどんどの読者さんは最後まで記事を読み切らないと思うので、その場合はほど良い場所でカットして、新たに記事タイトルを設定して分割する事も考えましょう。

要は、1200文字あればOK!とか、5000文字越えればとか、そういう問題ではありません。読者さん、訪問者さんにしっかりと価値を提供できているか?しっかりと問題解決できているかという事が一番大事だという事です。

【参考記事】
・最も基礎的なブログ記事構成テンプレート “CRCフォーミュラ”
・鉄板セールスコピーライティングテンプレート “QUESTフォーミュラ”

\ SNSでシェアしよう! /

次世代ビジネス研究所の注目記事を受け取ろう

sofa-laptop

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

次世代ビジネス研究所の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

運営者紹介 運営者一覧

次世代ビジネス研究所

次世代ビジネス研究所

大学卒業後、某企業へ就職。
その後サラリーマン生活を経て、脱サラ・起業。
気まぐれで独り言を不定期更新。

関連記事

  • category

    ブログのカテゴリー分けのコツとアクセスアップさせるWordPressの設定方法

  • words

    三種の神器(キーワード選定)

  • サーバールームに立つ男性

    独自ドメインをサーバーに設定する方法【エックスサーバー・お名前.com】

  • domain-names

    ドメインとは?独自ドメイン取得5つのポイント【SEO効果最大化】

  • pc2

    ブログ初心者は、まずはアドセンス広告をブログに貼って収益化してみよう

  • clock

    検索順位を上げるためのブログ記事の理想の更新頻度とは?【SEO】