1. TOP
  2. アフィリエイト収入を伸ばためのサイトデザイン設計方法

アフィリエイト収入を伸ばためのサイトデザイン設計方法

アフィリエイト この記事は約 7 分で読めます。
mac

アフィリエイトで収入を伸ばすには、サイト全体のデザインもとてがとても重要です。

デザインを変えるだけで、売上(成約率)が大きく変わるからです。

例えば、単純計算で成約率が1%だった場合。
毎日100アクセスあれば、毎日1万円の売り上げが発生します。

一方で成約率が2%になった場合、
同じ100アクセスだとしても、売り上げは倍の2万円になります。

アクセス数は同じでも、成約率が『1%⇒2%』になるだけで、
毎日の売り上げが『1万円⇒2万円』になるのです。
月で考えてみると『30万円⇒60万円』です。

成約率・反応率を上げるためにプロのマーケター達は、
0.1%単位での改善を日々繰り返すのですが、
まずはキャッチコピーや、全体のデザインなど大きなところから手をつけ始めます。

そしてキャッチコピーやデザインなどの大きな要素を変更するだけで、反応率が数%改善することはザラであり、時には数十%単位で変わる事もあります。

今回はアフィリエイトや商品販売で売り上げを伸ばすために、
そして成約率を上げるために、
デザインに特化してお話しをしてみようと思います。

まずは無料ではじめよう

アフィリエイトを始めるのであれば、
まずはリスクゼロの状態から無料でスタートしましょう。

実際には僕はWordPressを推奨しているので
サーバー代やドメイン代が必要にはなりますが、
それでも月1000円程度なのでコーヒー2,3杯程度です。

なぜかと言えば、僕が最初に大きく失敗!?し、
15万円ぐらいをドブに捨ててしまったからです。

僕が始めてサイトを作った時、

『まずはデザインだろ!!』

と気合だけは十分で、WordPressのデザインを外注し、
まずは10万円でWordPressをフルリニューアルしました。

そして運営途中で色々改善点も思い浮かび、
5万円を追加して細かな改善を行いました。

・10万+5万=計15万円

最終的には合計で約15万円ほどかけてサイトを構築しましたが、
このサイトは、今ではお蔵入りです。

サイト作成に150,000円かけたのにも関わらず、
最終的には、そこから生み出した報酬は3,000円でした。

結局、根本的にダメなものにお金をかけても、
ダメなものはダメなのです。

ザルに水を注ぐようなもので、
まずはちゃんと収益化できる基礎(スキル)を身につければならないのです。

コピーライティングの世界ではシンプルデザインが一番反応率が良い

コピーライティングの世界では、シンプルなデザインが一番反応率が良いというのが定石です。

今はスマホの画面もとても綺麗なので、
とても綺麗なページを表示させる事ができますし、

インターネットの回線スピードも早いので
パッと画面が表示されますし、

クラウドサービス(外注仲介サイト)も充実しているので、
格安で杯クォリティなデザインを依頼する事も可能です。

しかし、それでもシンプルなデザインが一番なのです。

なぜならば、文章を通じて価値を理解してもらうことが、一番重要な事であるからです。

画像は印象を与えることはできるが、商品の細かな情報をこと細かに伝える事ができません。
商品情報を細かく伝えるには、文章での情報発信が必要不可欠なのです。

シンプルデザインが一番反応率が良いというのは、
コピーライティング業界の長年の検証からもたらされる事実です。

できる限りシンプルデザインを目指しましょう。

基本的には画像は少なくする。

基本的には画像は少なめにする事をおすすめします。
それは上記の通り、アフィリエイトでは文字で商品情報を伝える事が重要だからです。

画像利用に関して、キュレーションサイトとアフィリエイトサイトの違いを比較してみましょう。

キュレーションサイト

今ではニュースサイトやキュレーションサイトが本当に多いですよね。

キュレーションサイトの一番の目的は、PV数です。
(PV数=サイトの閲覧数)

キュレーションサイトやニュースサイトの基本的なビジネスモデルは広告収入なので、
月間500万PV!月間1000万PV!
と、PV数が多ければ多いほど、高い値段で広告を募集する事ができます。
だからPV数を稼ぐために、大手メディアでは1つの記事を3分割とかにして、
わざわざページ送させるようにしているのです。
(あれは極めてユーザーにとっては不便です。)

なのでキュレーションサイトの場合は、綺麗な画像を多用して、
サクッと記事をどんどん読んでもらう事が重要なのです。

キュレーションサイト・ニュースサイトのようなメディアを運営する的であれば、サクサクっと記事を読めるように画像を沢山使うのも一つの戦略です。

画像や素材探しについては以下の記事で全てまとめてますので、
ぜひ活用してみてください。

・フリー素材・無料画像探しはこれで解決!厳選画像提供サイト100選

アフィリエイトサイト

アフィリエイトサイトの場合、気軽に読まれては商品の価値をちゃんと伝える事ができません。
しっかりと文字で情報を伝えなければならないのです。

なのでできる限り文字に集中してもらえるように、
画像の利用は最小限に留める事を僕は推奨します。

もちろん、効果的な場所で効果的な画像を利用すれば、
反応率は一気に上がります。

例えばジューサーなどを紹介する場合、
実際に生の野菜をジュースにする過程を写真として公開すれば
一発で商品の魅力を伝える事ができます。

ライザップの場合でも、
ビフォー&アフターの映像が、世の中に大きなインパクトを与えました。

要は画像や映像が全くダメ!
と言っているのではなく、

しっかりと適切な情報を適切な形で提供する事が重要であるという事です。

そしてアフィリエイトで収入を伸ばすために重要なのは、
画像に逃げず、しっかり文章で価値を伝えるスキルを身につける事なのです。

まずは無料ではじめよう

冒頭でも申したとおり、まずはお金をかけず無料で始めましょう。
(サーバー代などの、若の投資は必要です。)

特に僕がおすすめしているのがSTINGERです。
STINGERは無料のWordPressテーマ(テンプレート)です。

無料にも関わらずSEO対策もバッチリで、
デザインもとてもシンプルで文句なしです。
僕の知人にはSTINGERを利用して副業で月に50万円の報酬を上げている人もいるので、
実績も十分です。

ブログでアフィリエイトをするのであれば、
迷わず僕はSTINGERをおすすめします。

デザイン外注は、中級者以上になってから

冒頭で僕のデザイン外注失敗談をお話しましたが、
もしデザインにこだわる場合は中級以上になってからにしましょう。

中級とは、ここでは月に10万円の報酬と定義します。
この10万という数字には何も根拠はないのですが、
アフィリエイトは95%の人が月に3000円も稼いでいないうんぬんといった話しもありますし、
月10万を達成するにはある程度の経験も必要なので、中級者と呼ぶのにちょうどかなと。

月10万ぐらいになるとサイトの導線構築も分かって来るし、足りないポイントもどんどん分かってきます。

これぐらいのレベルになると、売り上げを上げるためのサイト構成をしっかりと指示書にまとめる事ができるので、
投資金額に見合ったリターンも得る事ができると思います。

焦らずまずは無料でリスクゼロで取り組み、実績を積み重ねて行きましょう。

まとめ

アフィリエイトで収入を伸ばすための、デザイン設計の話しをしてきました。
ポイントをまとめますと、

・デザインはシンプルに
・画像よりも文字を優先
・デザイン外注は稼げるようになってから

この3つのポイントが重要になるでしょう。

楽天のトップページを見てもらえれば分かるのですが、
昔のギラギラ感と比べると、今ではかなり落ち着きました。

あれはかなりの人員と期間と資金を投入して、
メッチャテストを繰り返した結果との事です。

結局、シンプルな方が反応率は高くなるのです。

なのでぜひ、インターネットで収益を上げるのであれば、
シンプルデザインを意識してみて下さい。

\ SNSでシェアしよう! /

次世代ビジネス研究所の注目記事を受け取ろう

mac

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

次世代ビジネス研究所の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

運営者紹介 運営者一覧

次世代ビジネス研究所

次世代ビジネス研究所

大学卒業後、某企業へ就職。
その後サラリーマン生活を経て、脱サラ・起業。
気まぐれで独り言を不定期更新。

関連記事

  • affiliate

    アフィリエイトで広告収入を得るための7つの手法

  • jump

    クッションページとは?アフィリエイト収入を最大化する方法

  • meeting

    クロージング記事の作成方法 | アフィリエイトで稼ぐ記事作り

  • yj

    アクセス数が2倍になればアフィリエイト収入も2倍になるという話。

  • pc

    初心者がアフィリエイトを始めるために必要な5つの準備

  • laptop

    ネットビジネスとは?全産業インターネットビジネス化の時代へ突入